【永代供養・合祀】永代墓所みのり

随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

詳しいページをみる

国分寺御廟の昨今

日報
みのり
みのり

【国分寺御廟の契約者様へ】ぜひご確認してください。☞「2024年 本堂(昭和金堂)と講堂の使用不可日について

こきょう
こきょう

 2024年 年間行事のご案内(PDF)をダウンロードできます♬

ここでは、「国分寺寺報」第32号に書いた原稿を一部変更して載せております。

国分寺御廟の昨今

堂内墓地ができて来年で3年を迎えようとしています。

法要、案内、清掃などを行なっておりますと、施主様・ご家族や参拝者方々と話す機会がございます。今年はたくさんお話ができて楽しく過ごすことができました。

  • 法要のためにマレーシアから帰ってこられた20代の方
  • 北欧の児童書を翻訳されてきた70代の方、
  • 国交正常化前の時代にスポーツ代表選手として中国(アジア・ヨーロッパ各国も)を回られた80代の方

など、いくつものディープな話も頂戴いたしました。

国分寺御廟には故人様が眠っていらっしゃいます。

参拝を終えて帰られる前に「スッキリした」と仰って1階フロアを過ぎる方もいらっしゃり、お墓という確かなものがあれば個人と向き合いやすいと感じた今年です。

私の中学生時のあだ名は「ペラ」です。ペラペラ喋るからです。

来年も施主様から参拝者の方々まで、挨拶や軽い会話から濃度の高い話まで、みなさまとお話しできることを楽しみにしております。

岩本観寧

この記事の作者
岩本 観寧

2022年12月12日に得度を受け、真言宗国分寺派の仏門に入りました。お大師様の時代にくらべ、今は渡中しやすく、真言宗はもとより日本や中国の仏教に興味があります。好きな言葉に「仏典曰く 旗なびかず風なし 揺らぐは人の心なり」。メールアドレスはguanning◆kokubunji.osaka(@に要変更)。

摂津国分寺をフォロー \(^o^)/
日報
このページをシェア (*^^*)
摂津国分寺をフォロー \(^o^)/
摂津国分寺

コメント お気軽に♬

\ 納骨法要・永代供養も国分寺だから安心 /

タイトルとURLをコピーしました