【永代供養・合祀】永代墓所みのり

随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

詳しいページをみる

なにわを語る 明治・大正・昭和の絵葉書

周辺案内
みのり
みのり

【国分寺御廟の契約者様へ】ぜひご確認してください。☞「2024年 本堂(昭和金堂)と講堂の使用不可日について

こきょう
こきょう

 2024年 年間行事のご案内(PDF)をダウンロードできます♬

今日はオフなので妻と近所の「大阪くらしの今昔館」までサイクリング。

企画展が近代の絵葉書だったので面白そう。初訪問しました。

企画展で撮影禁止、常設展で撮影可能です。

企画展

企画展「なにわを語る 明治・大正・昭和の絵葉書」大阪くらしの今昔館

企画展のタイトルは「なにわを語る 明治・大正・昭和の絵葉書」。

点数はそれほど多くありませんが、テーマ別でコンパクトにまとまっていました。

規格やデザインからハガキの印刷年代がわかるコーナーあり、なかなかマニアック。

常設展

呉服太物類。大阪くらしの今昔館「大阪市立住まいのミュージアム」常設展。

呉服とは絹織物、太物類はそれ以外の織物、とくに綿布です。

洗い張りの様子。大阪くらしの今昔館「大阪市立住まいのミュージアム」常設展。

着物をほどいて洗張りをした場面です。着物=和服=絹織物という先入観は20世紀に浸透した見方で、本来の着物は着る物すべてでした。

この展示が面白いのは庶民の暮らしにも洗い張りの習慣があったことです。

絹織物を素材にした高級な着物だけでなく、一般的だった綿布や麻布の着物でも洗い張りをしていました。

洗い張りは、着物を大事にする目的をよく指摘されますが、洗い張りの習慣が場江戸から始まったことを考えたら、衛生を向上させる目的のほうが正確でしょう。

さてさて、常設展にシンガー社製の足踏みミシン。

シンガー社製の足踏みミシン。大阪くらしの今昔館「大阪市立住まいのミュージアム」常設展。

シンガー社製の足踏みミシン。大阪くらしの今昔館「大阪市立住まいのミュージアム」常設展。

資料タイトルの「1928年」って製造年?購入年?

暮らしの博物館だから購入年でしょうか…。中古で買ったのかな、新品で買ったのかな。

ステンドグラスとシャンデリア。シンガー社製の足踏みミシン。大阪くらしの今昔館「大阪市立住まいのミュージアム」常設展。

大阪くらしの今昔館は「大阪市立住まいのミュージアム」の愛称だそうな。

帰りは国分寺へ寄って苔に水やり。

妻が撮影\(^o^)/

この記事の作者
しんしん

自転車遍路の延長で2022年6月から勤務。おもに国分寺御廟で働いています。参拝のさいは気軽に声をお掛けください。好きな映画5つに「恋する惑星」「楽園の瑕」「花様年華」「未完の対局」「泥の河」。

摂津国分寺をフォロー \(^o^)/
周辺案内
このページをシェア (*^^*)
摂津国分寺をフォロー \(^o^)/
摂津国分寺

\ 納骨法要・永代供養も国分寺だから安心 /

タイトルとURLをコピーしました